新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

TOP > 研究会 > アーユルヴェディック・クッキングワークショップ

【在校生・卒業生対象】アーユルヴェディック・クッキングワークショップ

 

アーユルヴェディック・イタリアン ~日常に取り入れるスパイスの薬理効果~

 

image1

アーユルヴェーダ発祥の地であるインドやスリランカで、日常的に食されているカレーには、消化促進効果のある「クミン」を中心とした様々なスパイスが入っており、積極的に取り入れていくことが勧められます。

ただし、アーユルヴェーダでは、普段食べ慣れたものを食べる事も大事にしているので、毎日カレーを食べ慣れていない皆さんが、毎日カレーを食べる生活をすることは、少々難しいようにも思えます。

そうは言っても、消化力の落ちるこの季節、どうにかしてスパイスの薬理効果を取り入れたいものです。

今回のワークショップでは、そんな、消化力を上げる代表的なスパイス「クミン」を中心に、炒める、煮込む、風味をつける等、様々な調理方法で、スパイスの薬理効果を、日常の料理に取り入れる方法をお伝えします。

※調理の実習はありません。デモンストレーションで先生が調理した料理をお召し上がりいただきます。

 

image1

【受講資格】

英国アーユルヴェーダカレッジ

総合プロ・セラピストコース在校生・卒業生

 

【ワークショップの見どころ】

・様々な調理方法で、クミンをとことん使い倒す

・消化力を上げるスパイスや食材を、日常の料理に取り入れる

・現代栄養学とアーユルヴェーダの融合

 

【Menu】

スパイスを使ったアーユルヴェーディック・イタリアンのフルコース

・ポタージュ

・サラダ

・焼き物または炒め物

・パスタ

・ドルチェ

 

【講師】Kazuya(冨岡和也)先生

【参加費】¥6,000-(税込)

【お申込】school@ayurvedacollege.jp

 

【講師プロフィール】

Kazuya Tomioka(冨岡和也)

料理人、セラピスト、音楽家であるとともに、都内各所/近郊の全米ヨガアライアンス認定校にて、ヨガインストラクター養成講座の講師、及び教材作成も務める。

五感を使った生活空間オーガナイザーとして、「幸せ空間」の演出を第一に考え、その人にあったスタイルで無理のない健康法を提唱する。

インドのアーユルヴェーダの病院や5スターホテルのキッチン、イタリアの2つ星リストランテなどで働く経験をもち、企業や飲食店向けのメニュー開発・レシピ開発、コラム執筆や監修など、雑誌/TVなど多方面で活動している。インド政府機関BSS認定アーユルヴェーダセラピスト。栄養士。ヨガ専門雑誌「Yogini」にて、アーユルヴェーダのエッセイを連載中。

フードスタイリングスタジオ・食のアトリエ「Natural Lifestyle」(代々木上原)代表。

 

▼料理写真のギャラリー、及びプロフィールの詳細はコチラ

http://www.kazuyatomioka.com