新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

TOP > スタッフブログ > アーユルヴェーダクッキング【授業風景】

アーユルヴェーダクッキング【授業風景】

アーユルヴェーダクッキングの授業は、総合プロコースの後期にあります。
食材や調理方法、使用するスパイスの効能などを学びながら、実際に生徒の皆さんで調理していきます。
基本理論や栄養学などをしっかり学んだ後の実習なので、より理解が深まります。

経験豊富な先生

教えてくださるのは、栄養学の講義も担当されている冨岡先生です。
料理家であり、セラピスト、ヨガインストラクター、音楽家という多彩な冨岡先生は、インドのアーユルヴェーダ治療院での調理経験もあり、豊富な知識と経験談を交えた講義はとても楽しく人気の講義です。
先生の調理テクニックに歓声があがることもよくあります。

季節に合わせたメニュー

アーユルヴェーダでは季節に合わせた過ごし方についての教えもあり、メニューも旬の野菜や気候に合わせたスパイスを使用するので、季節ごとに少しずつ変わります。そのため、他のクラスの講義を再履修で受ける卒業生の姿も。

楽しく試食

料理ができたら、みんなで試食をします。試食と言ってもしっかり1食分の量なので、楽しいランチタイムになります。

クッキングのみの講座もたまに開催していますので、ご興味があればご参加くださいね!

>>冨岡先生のプロフィール

>>アーユルヴェーダ入門セミナー


>>山田泉の無料説明会