新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

TOP > 体験談 > 物事の捉え方が大きく変わり気持ちが楽になった(岩上友利恵さん)

岩上友利恵さん 総合プロコース第47期 卒業

アーユルヴェーダに興味を持ったきっかけ


アパレルの会社で新人店長として勤務していた際、自分のキャパを超えてしまい心身ともに辛い状況になった時期がありました。当時、定期的にヨガのレッスンに通っていたのですが、クラスの最後にシャバーサナで静かに目を閉じていると、インストラクターの方が肩をさすってくださり、その瞬間、涙がこぼれ、それと共にふっと心も体も楽になるのを感じたのです。
その出来事をきっかけに、肌に触れることで誰かを癒すような、そんな仕事をしたいと考えるようになり、情報を探し始めました。セラピストやエステティシャンと言ってもとてもたくさんの種類がありましたが、その中でアーユルヴェーダを知りました。アーユルヴェーダでは、体だけではなく心や魂についても触れ、ホリスティックに人を見ます。また、人が本来持っている姿(体質)に戻す、整えていくという考え方にとても共感を覚えて、興味を持ちました。

英国アーユルヴェーダカレッジを選んだ理由

セラピストになるためにはスクールに通って学ぶことが必要だと思い、スクール情報を調べていく中で、英国アーユルヴェーダカレッジを見つけ、その日のうちに山田校長の説明会に申し込みました。お話を伺って「正に私が学びたかったことだ!」と確信しましたが、説明会に参加した2020年3月直後から、新型コロナウイルスの感染が拡大して、金銭的な不安もあり一度入学を見送りました。でも、その後もずっとアーユルヴェーダが頭から離れなかったため、半年後の秋開講のクラスに入学することを決めました。
もともと人の心にとても興味があって、アーユルヴェーダの知識だけではなくて心理学も学べるということ、また仕事にしていきたいという思いがあったので、ビジネス面もしっかり学べるということから、英国アーユルヴェーダカレッジを選びました。

英国アーユルヴェーダカレッジに入学して良かったこと

大きなところでは3つあります。
ひとつ目は、物事がうまくいかないと感じる時の自分のパターンを知ることができたことです。山田校長の心理カウンセリングの授業で、『幼少期に養育者からどのように愛情を得ようとしたかというのが、その人の生き方のパターンになる』というお話を聞きました。相手や時間、場所が変わっても同じような係わり方をしてしまうということですが、それを聞いたときに、私は昔から人の評価とか人からどう見られるかをすごく気にしているということに気が付きました。当時、仕事で大きなショックを受けることがあって、とても傷ついていたのですが、それは「自分で自分を認められず、人からの評価だけを気にして、勝手に傷ついていた」ということがわかりました。
山田先生の授業で、自分の思考のくせに気づくことができて、物事の捉え方が大きく変わりました。そして、時間が経たないと克服できないと思っていた出来事も、「私の受け取り方だけだった!」と気づき、すっかり元気になりました。

二つ目は、人間関係がスムーズになったことです。大きな問題を抱えていたわけではないのですが、アパレルショップの店長をしていた時、お店のスタッフをまとめたり、日々多くのお客様とお会いする中で、例えばスタッフの元気がなかったときに、どう対応したら良かったのかと悩んだり、どんなことにも自分が悪いと思い込んで、何がいけなかったんだろうと考えてしまいがちでした。それが少しずつ溜まりイライラしてしまうことがあったのですが、パーリタ先生の授業(アーユルヴェーダ理論)でアーユルヴェーダのドーシャ理論を学んだことで、人それぞれの気質や性格の傾向、その時々の状態などを考えられるようになり、「今はこのドーシャが少し乱れているのかな」などと考えることで、とても冷静に接することができるようになりました。人間関係において、いつも自分を原因にしなくていいということがわかり、気持ちも楽になりました。

三つ目は、年代や職業、生活環境などが全然違うにもかかわらず、一生仲良くしていきたいと思えるクラスメイトに出会えたことです。
卒業後も連絡を取り合い定期的に会っていますが、在学中は、授業の課題をzoomで話し合ったり、試験前にレンタルスペースを借りて一緒に勉強したり、お互いが持っている資料を交換したりしました。私は教室に毎週通学していたのですが、オンライン受講の方ともとても仲良くなって、クラスメイトみんなで補い合い、支え合いながら学びぬくことができました。今でも、みんなで集まったり、情報交換をしたりしています。

現在の活動とこれから

スクール卒業後、全米ヨガアライアンスRYT200を取得しました。スクールで隔週受けられる朝のヨガの授業の日は、すごく前向きに元気な気持ちで一日を過ごすことができたので、ヨガで自分を浄化しながらエネルギーチャージすることで、よりよい施術ができるのではないかと考えて本格的に学ぶことにしたのです。また、山田先生の授業でNLPという実践心理学について知ったのですが、今の自分にとっても、セラピストとしてお客様と接する時にも必要なスキルだと思い、コーチングと平行して学びを深めています。
アーユルヴェーダセラピストとしての活動は、近所のレンタルサロンを借りて、友人や知り合いに施術をしています。在学中から練習のためにモデルになってくれていた友人がいるのですが、クラスメイトとの練習とは違い、この人のために何ができるだろうと実践的に考えるための貴重な機会でした。この経験によって、セラピストをやりたいという気持ちがとても大きくなりました。
将来的には、セラピストとヨガのインストラクターとして、同世代の女性が自分らしく毎日過ごせるようなお手伝いがしたいと思っています。

  • アーユルヴェーダ・プロフェッショナル・スクール
  • アーユルヴェーダ入門セミナー
  • アーユルヴェーダ体質診断テスト
  • アーユルヴェーダサロンナビ
  •          
  • 「山田泉」BLOG
  • 「スタッフ」BLOG
  • オイルトリートメントを受けたい方はこちら
  • メルマガ「脳暦だより」登録
  • 【英国アーユルヴェーダカレッジ】事務局・アクセス
  • 作者「石井泉」アーユルヴェーダ入門書
  • アーユルヴェーダSHOP
  • 【通信講座】アーユルヴェーダセミナー
  • AYURCARE.JP(アーユルヴェーダ総合サイト)