新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

アーユルヴェーダプラクティスの実践【フットケア】

The College of Ayurveda

TOP > スタッフブログ > アーユルヴェーダプラクティスの実践【フットケア】

寒くなると、冷えだけでなくお肌の乾燥も気になりませんか?
手は目につきやすいので、ハンドクリームなどで保湿されいる方も多いと思いますが、
足のケアはどうでしょうか?
かかとがカサカサになっていませんか?
足のケアは、保湿だけではなく睡眠の質をあげることもできますよ。

ということで、
今日は「フットバスのレシピ」と「かかとのケア」を紹介しますね。

症状別フットバスのレシピ

体の余分な熱をとり、深い眠りに

サンダルウッドのパウダーをひと握り、もしくは
サンダルウッドのエッセンシャルオイルを2,3滴入れた
冷水に足を浸す。

冬場に冷水を使用するのは厳しいので、その場合はぬるめのお湯で
よいかも知れませんね。

汗の臭いが気になる足に

ラベンダー、セージ(クラリセージ)、ジュニパー、サイプレスの
エッセンシャルオイルを同量ずつ加えた温水に足を浸す。
約1.2Lのお湯に各6~9滴が目安。

皮膚のトラブルに

マリーゴールドの煎じ液を加えた温水に足を浸す。

ぐっすり眠りたい時に

温めたセサミオイルかギーで足をマッサージしてから、
ハーブを入れた温水に足を浸す。
ジンジャーなどの身体を温める効果のあるスパイスを
使うのがおすすめ。

疲れた足に

ジュニパー、ローズマリー、ラベンダーのエッセンシャルオイルを
加えた温水に足を浸す。
約1.2Lのお湯に各6~9滴が目安。

エッセンシャルオイルの香りは、心も体も癒されますね。
ご自身の身体の状態にあわせて、レシピを使い分けるといいですね。

かかとのケア

足のかかとは目や耳と直接つながっていると言われています。
そのため、かかとにオイルを塗ってマッサージするとよいですよ。
マッサージが効果的な症状は、
足湯2

  • 乾燥
  • 麻痺
  • だるさ
  • 肌荒れ
  • 疲労
  • 感覚の鈍り
  • かかとのひび割れ
  • 座骨神経痛
  • 手足の痙攣やこむら返り
  • じん帯のひきつり
  • 下肢の血管や筋肉の収縮
  • 消化の促進
  • 睡眠の改善

いかがでしょうか?
普段放置しがちな「かかと」ですが、できることから始めてみませんか?

授業の感想

かかとのケアには手軽に使えるクリームを使っていましたが、
オイルの方が保湿効果も高く、オイルの栄養も吸収されるので、
アーユルヴェーダを学んでいることだし、クリームではなく、
ちゃんとオイルでケアしないと!と思いました。
分かっていても、ついついお手軽な方に流されていたことに
気付いた一日でした。

 

総合プロコースの詳細はこちらからどうぞ
>>総合プロコース

個別無料説明会の詳細はこちらからどうぞ
>>山田泉の個別無料説明会

  • ★当スクール校長 山田泉著★

    自分力を上げる!アーユルヴェーダセラピスト必読の一冊
  • アーユルヴェーダ・プロフェッショナル・スクール
  • アーユルヴェーダ入門セミナー
  • アーユルヴェーダ体質診断テスト
  • アーユルヴェーダサロンナビ
  • 「山田泉」BLOG
  • 「スタッフ」BLOG
  • オイルトリートメントを受けたい方はこちら
  • メルマガ「脳暦だより」登録
  • 【英国アーユルヴェーダカレッジ】事務局・アクセス
  • 作者「石井泉」アーユルヴェーダ入門書
  • アーユルヴェーダSHOP
  • 【通信講座】アーユルヴェーダセミナー
  • AYURCARE.JP(アーユルヴェーダ総合サイト)