新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

アーユルヴェーダ理論を学ぶ【プラーナ】

The College of Ayurveda

TOP > スタッフブログ > アーユルヴェーダ理論を学ぶ【プラーナ】

今日はアーユルヴェーダ理論の中で「プラーナ」について学びました。
あまり聴き慣れない言葉ですが、サスクリット語で
prana=プラーナ
です。
プラーナの考え方は奥が深くて1回で理解するのは難しそうです。
今回はプラーナのさわりの部分を少しご紹介します。

プラーナとは

プラーナは生命エネルギーです。

呼吸や酸素、循環をつかさどり、
あらゆるものの原動力となり、
感覚器官を支配しています。

消化の火をつけ、消化を活性化させるのも、
精神、思考、感情の働きや、心臓の機能を
コントロールするのもプラーナです。

プラーナの機能のひとつ、呼吸

アーユルヴェーダではプラーナを月と太陽、
新月と満月、男性と女性にいう風にとらえます。

呼吸によって、冷たい空気を吸い、温かい空気を吐き出します。

真剣に取り組む生徒さんたち

冷たい空気は「月」で
温かい空気は「太陽」とされ、
冷たい空気「月」を吸い込んで、下腹部に入った時に、
太陽と出会い、太陽エネルギーの発散で温かい空気として、
外に吐き出されます。
月が下腹部で太陽と出会った時に、「新月」となり、
空気が外に吐き出された瞬間に「満月」となるととらえられています。

新月と満月を理解すると生命の神秘を理解するヒントになるそうです。

太陽と月

人間の体は左右対称です。
体の右側は左脳によって管理され、
体の左側は右脳によって管理されています。

アーユルヴェーダでは、

右側は、太陽で男性
左側は、月で女性
と定義されています。

体の左側からのエネルギーが右脳へと行き、
右脳の女性らしさと結びつくのが女性エネルギー。
逆に、右側からのエネルギーが左脳へと行き、
左脳の男性らしさと結びつくのが男性エネルギー。

女性エネルギーの特徴は、直感、受容、同情。
男性エネルギーの特徴は、意欲的、積極的、競争的。

プラーナは男性と女性、太陽と月の相反するエネルギーを繋ぎます。
そのため、プラーナは男性らしさ、女性らしさの両方を合わせ待つ
と言うことを学びました。
プラーナについては、まだまだたくさんのことを学びましたが、
太陽と月や、男性、女性に現されるのがとても神秘的で興味深く面白いです。
ただ、プラーナの男性エネルギーと女性エネルギーが宇宙の成り立ちの
プルシャとプラクリティにまでおよぶので、難しくて書ききれませんでした。。

興味のある方はぜひ「サンキャ哲学」を読んでみてください。

 

総合プロコースの詳細はこちらからどうぞ
>>総合プロコース

無料説明会の詳細はこちらからどうぞ
>>山田泉の無料説明会

  • アーユルヴェーダ・プロフェッショナル・スクール
  • アーユルヴェーダ入門セミナー
  • アーユルヴェーダ体質診断テスト
  • アーユルヴェーダサロンナビ
  •          
  • 「山田泉」BLOG
  • 「スタッフ」BLOG
  • オイルトリートメントを受けたい方はこちら
  • メルマガ「脳暦だより」登録
  • 【英国アーユルヴェーダカレッジ】事務局・アクセス
  • 作者「石井泉」アーユルヴェーダ入門書
  • アーユルヴェーダSHOP
  • 【通信講座】アーユルヴェーダセミナー
  • AYURCARE.JP(アーユルヴェーダ総合サイト)