新型コロナウイルス感染予防ガイドライン

解剖生理学を学ぶ【大腸】

The College of Ayurveda

TOP > スタッフブログ > 解剖生理学を学ぶ【大腸】

今日は、消化器系を学びました。
その中で、大腸にスポットをあてて紹介します。

大腸の働き

大腸には、水分やミネラルを吸収し、排泄物を作り貯蔵する働きがあります。

大腸は消化器官の最終部で、理論
腸の長さは全長約1.5~2m、
管の直径は約5~7cm。
盲腸、結腸、直腸に回盲弁があり、内容物の受け入れを促し、
逆流、細菌の侵入を防ぎます。

伸縮するとは言え、思った以上に直径が太いことに驚きです!

大腸の運動

大腸では小腸と同じく、「蠕動運動」分節運動」「振子運動」と
それ以外に「逆蠕動」が行われています。

1. 逆蠕動運動は、
盲腸から上行結腸にかけて起こり、水分吸収と細菌による内容物を分解。

2. 分節運動と振子運動は、
横行結腸で起こり、腸内容物の攪拌と吸収を促進。

3. 大蠕動運動は、
横行結腸からS状結腸にかけて起こり、1日、1~2回の大蠕動で
内容物を一気に直腸へ運搬。

大腸の中の内容物は1から3の順に移動しますよ。

大腸のしくみ

大腸は盲腸、結腸、直腸に分けられます。

・盲腸
盲腸は退化した器官で特別な働きはしていないそうです。
盲腸にある小指くらいの小さな袋を虫垂と言い、
これが炎症を起こすと「虫垂炎」と呼ばれる症状になります。

・結腸
大腸の大半は結腸で、結腸は水分を吸収し、便を作ります。

・直腸
結腸で作られた便を便を一時的に溜めます。
直腸がいっぱいになると腸の一部や腹部の筋肉が収縮し、
同時に肛門の筋肉が開いて便が外に押し出されます。

どうして下痢になるの?

下痢は、大腸内での動きが通常より早くなり、
水分吸収が十分にできないことで、便が固形にならず
液状で排便されることで起こります。

下痢の主な原因は、
・食べ過ぎ、飲み過ぎ
・ウィルス感染
・体の冷え
・大腸・小腸の病気
・ストレス
・薬の副作用
など

下痢になったら、
・水分を少しずつとる。
・消化によいものや栄養価の高いものをこまめにとる。
・消化に重いものや冷たいもの、刺激の強いものは控える。
・安静にする。
など

どうして便秘になるの?

便秘は、大腸内での動きが通常より遅くなることで、
大腸内の水分がなくなってから排便されることで起こります。
そのため、便は固く排便しずらい状態になっています。

便秘の主な原因は、
・運動不足
・栄養不足
・食物繊維の不足
・ストレス
・便意を我慢してしまう
・薬の副作用
など

便秘になったら、
・規則正しい生活をする
・バランスのよい食事をとる
・食物繊維の多い食品をとる
・毎日決まった時間にトイレにいく
など

排便は毎日なくても、2~3日に1回、規則正しく起こり、お腹に痛みや
不快感がなければ、便秘とは言わない場合もあるそうです。

排便されずに体の中に残った状態はアーユルヴェーダではアーマ(毒)に
なるとされているので、規則正しい生活と適度な運動で体調を整えることが
大切ですね。

 

総合プロコースの詳細はこちらからどうぞ
>>総合プロコース

無料説明会の詳細はこちらからどうぞ
>>山田泉の無料説明会

  • アーユルヴェーダ・プロフェッショナル・スクール
  • アーユルヴェーダ入門セミナー
  • アーユルヴェーダ体質診断テスト
  • アーユルヴェーダサロンナビ
  •          
  • 「山田泉」BLOG
  • 「スタッフ」BLOG
  • オイルトリートメントを受けたい方はこちら
  • メルマガ「脳暦だより」登録
  • 【英国アーユルヴェーダカレッジ】事務局・アクセス
  • 作者「石井泉」アーユルヴェーダ入門書
  • アーユルヴェーダSHOP
  • 【通信講座】アーユルヴェーダセミナー
  • AYURCARE.JP(アーユルヴェーダ総合サイト)